婦人と赤子

女性特有の子宮筋腫に要注意|命を脅かすかもしれない

赤ちゃんを授かるために

サプリメント

妊活サプリの大きな特徴に男女両方が妊娠しやすい環境をつくれるという点があり、バランスよく成分が入っています。効果は高いですが使用法や体にあっているかなど、注意点もあるので医師の指導のもとに使っていくのが良いです。

もっと読む

選び方とマカ

夫婦

妊活マカを選ぶときには国産品のものを選ぶと良いです。安全性と栄養価の高さは群を抜いています。もちろん、価格的にはペルー産の方が安価です。また、このマカそれ自体は非常に多くの栄養素を含む植物であるため、若返りやホルモンバランスの調整効果が期待できます。

もっと読む

女性の4人に1人はかかる

先生

筋腫だけ取る核出術

子宮筋腫は子宮にある筋肉と同じような細胞が渦を巻くように集まり、こぶ状に盛り上がってできる良性の腫瘍です。悪性腫瘍に変化することはまずないので、症状がないうちは特に治療しなくても良いです。しかし月経血が増えたり、月経痛がひどくなる、あるいは筋腫が大きくなるにつれ、尿管、直腸といった子宮の近くの期間が圧迫されるなどの様々な不快症状が起こったら、治療が必要です。薬で症状を抑さえきれなかった場合は、次の選択肢となるのが手術です。手術には筋腫だけを取る筋腫核出術と子宮を全摘する方法があります。今後妊娠を希望しない人には全摘を勧める医師が多いようです。核出術は子宮を残すため今後妊娠を望む人にとってメリットがあります。

エストロゲンの影響で成長

子宮筋腫は卵巣から分泌される女性ホルモン、エストロゲンの影響で成長します。そのためエストロゲンの分泌が急激に低下する閉経後は、筋腫の多くが自然に縮小していきます。ホルモンに対する感受性は個人差があるので、筋腫の成長の速さは人それぞれです。1年程度でグッと大きくなるほど成長速度の速い人もいれば、数年たってもあまり大きさが変わらない人もいます。自覚症状などから子宮筋腫の存在に気がつくのは、40代が多いですが、その「芽」は女性ホルモンの分泌が活発な20代からすでに育っている可能性もあります。子宮筋腫がなぜできるのかはよくわかっていませんが、初潮が早かった人や、肥満気味の人に多く見られる傾向があります。とは言え例外も少なくなく、女性なら誰でもできる可能性があるといっていいでしょう。

不妊治療に利用

看護師

マカサプリは不妊に悩む夫婦に人気のサプリメントです。ホルモンバランスをとって不妊のサポートをしてくれるのが特徴です。しかしながら、マカサプリだけでは不妊が改善しない場合には病院にいくとよいでしょう。

もっと読む